國情風貌

クウェート

クウェートのフルネームはクウェート國である。西南アジアアラビア半島の東北部、ペルシア湾の北西部に位置している君主制の国である。南部はサウジアラビア、北部はイラクにそれぞれ隣接している。国の面積17818平方キロメートルである。

   首都クウェートシティは国の名称と同名で 国の人口は約280万人である。 アラビア語は公用語で、共通語は英語です。イスラム教が国教である。
クウェートの首都と港湾はクウェート湾の南岸に位置している。アラビア半島の東岸に最も重要なの深水港で全国の政治経済の中心である。

クウェートの石油と天然ガスの埋蔵量が豊富で、石油はクウェートの財政収入及び国民経済の主な発生源のバックボーンであり、クウェートの気候は農業を助長されていないで、全ての農産物はほぼ輸入となっている。しかし、漁業資源が豊かで、エビ、ハタ、いしもちの産地である。畜産業は主にウマ、ヒツジ、ラクダである。